フィンジアは化粧品?医薬部外品?どっち!?

今や圧倒的に人気を誇るフィンジア

巷では薄毛を助けるヒーロー的な立ち位置にあります。笑

これからも薄毛の人達を助けていくと思います。


話は変わりますが本日のフィンジアについてのご質問がこちら!!

「フィンジアは化粧品?医薬部外品?」という内容です。

↑やっぱりこういう質問は気になりますよね^^

 

私も副作用の観点からどっちの分類になるのか疑問に思っていましたもん。

では回答から先に言いますと、

 

フィンジアは化粧品になります。

医薬部外品ではありません。

これにはフィンジアの成分が大きくかかわっています。

 

まず、リアップなどの成分で有名なのがミノキシジルですよね?

この成分の場合は医薬部外品になります。

 

ではフィンジアの成分は?というと。

  1. キャピキシル
  2. ピディオキシジル

になります、ピディオキシジルはミノキシジルの効果を3倍にしたと言われていて尚且つ副作用の確率をグンと下げた成分になっています。

スゴイですよね・・・・

 

だから、フィンジアは副作用が少ない化粧品かつ効果が高いスカルプ剤をして人気を保っているのですね^^

あー納得しました。w


フィンジアをおすすめな人

 

フィンジアは基本どんな方でも使用ができ効果が期待できますが、おすすめな人というのは、

継続できるかたですね。

言い換えれば、しっかりと毎日やり続けることのできる人です。

 

毎日髪の毛にスプレーを付けるのっ正直に面倒と思う方もいると思いますし。

何より毎日なにかを続けることはかなりの精神力を要します。

絶対に薄毛を克服するんだという気持ちがつよい方が成功しますから。

継続すると言うことは忘れないでくださいね^^

 

関連記事

フィンジアの口コミについて

フィンジアの効果的な使い方について